オーストラリア開催のF1グランプリを観戦する費用

F1ファンなら誰しも一度は行ってみたいと思う、F1オーストラリアグランプリの現地観戦。オーストラリアの大都市でもあるメルボルンは、1996年から開催されている都市となり、2018年3月25日に開催されています。費用や日数がかかるので、あきらめている場合があると思います。実際にどれ位の準備がかかるのか、海外観戦の情報を紹介します。オーストラリアグランプリの開幕戦だと、滞在日数は約1週間、観戦に要した費用としてチケット代を含めて20万円位が必要になってきます。そのうち突出しているのは、交通費、それに続いて、チケット代あと宿泊費、通信費、お土産代、食費を含む諸々の雑費等です。一度にまとまった、出費となると頭を悩ませますが、事前に計画を立てて準備していると、それほどの大金は必要ではありません。

オーストラリアを観光してF1オーストラリアグランプリを観よう

オーストラリアで開催されるF1のグランプリは、アルバートパークの湖の周遊道路の一部がサーキットコースとして使われ、メルボルンのセントラルからも近く、徒歩で約1時間位の距離にサーキット場があります。期待高まる熱いファンが集まる人気のグランプリです。成田からメルボルン間で日本航空直行便が2017年より開設されアクセスも楽です。ヨーロッパ調の建物が建ち並び、F1観戦の他ショッピングやカフェめぐりも楽しめます。2018年度F1オーストラリアグランプリの第1戦目のオーストラリアグランプリは、開幕戦にらしい華やかな雰囲気とメルボルン特有の天候により、ドラマチックなレース展開になることでも盛り上がります。初戦ということもあって各チームのマシンの改良や調整にも注目が集まっています。

F1オーストラリアグランプリを思いっ切り楽しもう

メルボルンの中心部から南にある湖畔を望む美しい公園アルバートパークが高速レーストラックに変貌して、モナコ、ロシア、カナダ、アゼルバイジャン、シンガポール等と、F1レースが催される世界で6つのストリートサーキットのひとつです。人気のツーリングカー選手であるスーパーカーシリーズの公式戦のほか、F1マシンとV8スーパーカーによる時間差1ラップバトル、スタント・ショーなどのレース、オーストラリア空軍による曲芸飛行以外にも様々なイベントが開催され、世界中の観客を熱狂させます。サーキットの入り口にはサイン用スタンドもあり、憧れのF1ドライバーへ身近に接することのできる、出待ちも楽しむことが出来ます。近年F1グランプリには、世界的に有名な映画俳優やミュージシャン、財界人も数多く訪れており、F1ドライバー以外の人とも身近に出会えることが出来ます。