工場の中途採用求人の担当者の目線

人の固定観念というのはあらゆる事象において人の施行を束縛して盲目になってしまいます。工場の求人と聞くと、安い給料の肉体労働であるというイメージを未だに拭いされていない人が多くいます。しかし、時代は常に変革しています。コンピューターの技術革新による、管理システムの向上は、労働者の働き方にも良い影響を生んでいます。がむしゃらに働くだけの根性論で、生産性を守っていた時代は終わりを迎えつつあります。今、工場で働こうとする中途採用者に求められていることとは一体どのような資質でしょうか。現場の担当者の目線に立って採用基準を把握しておくと、求人に有利になります。過酷なイメージもある工場での仕事ですが、実際の現場の様子はどんなものでしょうか。将来性はあるのか、解説していきます。

真面目で実直な人材が求められる

どんな仕事にでもいえることではありますが、まず工場勤務において求められる人の才能というのは真面目で実直でありつづけられることです。営業やデスクワークではほんの少し気を抜いても、命を取られるようなことはありません。しかし、工場での仕事は現場によって一瞬の油断が、命取りになってしまう可能性があります。マニュアルに忠実な人間というのは、個性がないという負のイメージがありますが、現場の仕事においてはこの点が非常に大切です。経営者や企画となると、上司の言いなりにならない人材というのも必要ですが、生産段階においては秩序をもって与えられた仕事を忠実にこなせる人が求められます。上下関係の縦社会に厳しい世界に身をおいていた人は採用担当者からみても、現場に送り込みたい人材といえます。

仕事に私情を挟まない人材が求められる

一昔前は安い肉体労働というイメージもありましたが、発展して豊かになっていく社会の流れの中で、現場で汗水たらす労働に懸念を抱く若者が多く、実は人材不足に陥っている工場もあります。そういった企業では、求人率を上げるために給料を高く設定しています。作業服の肉体労働者とスーツを着た社員の給料が変わらないところも珍しくありません。真面目に働いていれば、貯蓄も期待できるでしょう。身体を動かすので運動不足になることもありません。必要以上の人間関係はありませんので、精神的な苦痛も少ないです。仕事そのものは覚えてしまえば、慣れてしまい、やがて飽きがくるかもしれません。そういった中でモチベーションを落とさず、仕事は仕事と割り切れる人材が、今、工場勤務の現場に求められています。